リフォームの流れと注意点を知る

失敗は避けたいリフォーム

色々なトラブル

金銭トラブル

リフォームをして起こったトラブルの例はたくさんあり、単純なミスも多かったりしますが業者の心無い行動がトラブルを招くこともあります。

引き渡し前に料金の支払いを要求する業者が稀にいますが料金を支払ってしまったので最後の施主の確認後に手直しができなくなってしまった例があります。
工事が終わってないのに支払う道理はありませんので注意しましょう。
そして工事の手直しを追加工事として料金を請求する場合がありますが、基本的に手直しは業者の責任ですので払う義務はありません。

このように料金に関してのトラブルも多数ありますので、価格の透明性のある業者に依頼することと支払いのタイミングは引き渡し時に行うようにしましょう。

工事のトラブル

施工に関するトラブルの例も沢山ありまして、そもそも設計図通りに施工されてないことや確認申請をせずに工事を始めたが増築できないことが判明したり、当たり前のことがされていないケースがありますのでプロだからといって過信しないようにしましょう。

他にも雑な工事をされた事例が沢山あり、報告してもちゃんと対応してくれないこともあります。
素人相手だからと色々な言い訳をする場合もありますので、他業者に診断してもらいましょう。
疑うのは悪い気もする方もいると思いますが、手抜きの抑制や後に手直しをしなければならなくなるのを防ぐためですのでためらわずに依頼しましょう。

このようにリフォーム時のトラブルは多く手抜き部分や対応の点が殆どです。
失敗しないためにも完成して引き渡されるまでは気を抜かないようにしましょう。


▲先頭へ戻る